ココナッツオイル料理

 

この間は、ココナッツオイルを使った超カンタンスイーツのレシピを

ご紹介しましたが、あの番組でココナッツオイルを使ったお料理も紹介されていました。

お料理っていうほどではないのですが、「こんな風に使えばいいよ」的なものです。

 

 

それは、納豆にココナッツオイルを入れたり、サラダのドレッシングに使うというものです。

納豆は、大根おろしをいれて、醤油を加えて、最後に湯煎などでとかした

ココナッツオイルを加えて混ぜます。

ほんのりココナッツオイルの香りがして、納豆の臭いはやわらぐそうです。

ココナッツオイルの量はお好みで。

 

また、サラダのドレッシングとしてココナッツオイルをつかうのもオススメだそうです。

ドレッシングを作るときのオイルとしてはもちろんですが、

よくノンオイルドレッシングを買われると思いますが、ノンオイルドレッシングだけじゃ

物足りない時ってありますよね。

 

「ドレッシングだけど、ある意味ぽん酢じゃねーか」みたいな。

 

そんな時にやっぱり、湯煎で溶かしたココナッツオイルを加えると

いいそうですよ。

ただし、食べる直前にココナッツオイルを加えないと、白く固まってしまうので

ココナッツオイルを入れるときは食べる直前にして下さい。

 

他にも炒めものや煮物、天ぷらやフライの揚げ油に

ココナッツオイルを少し加えるだけでも、サクサクの天ぷらができあがりますよ。

全ての揚げ油をココナッツオイルにしなくていいのでいいですよ。

ココナッツオイルは加熱しても酸化しにくいので加熱してもOK!

 

健康系オイルは加熱するとスグに酸化するので

加熱しないでそのまま食べるのが殆どなんですが、ココナッツオイルは加熱しても

酸化しにくいのでおすすめです。

 

ぜひお試しあれ。